RUEC

RUEC(実質単位エネルギーコスト)の動向

1. 成長率

  • 6月の名目エネルギー価格は前月比3.3%の上昇となり、2020年12月より19カ月連続の上昇。
  • 6月のRUECは、エネルギー消費量が前月比1.3%増加し、前月比3.5%の上昇。
  • RUEC_Table
    単位:%。第1-3系列は前四半期比、第4-6系列は前月比成長率。 注:成長率は対数差。 推計値の最新月(第6系列)は予測値、最新月の前月(第5系列)は速報値、それ以前(第4系列)は確報値。

    2. 指数

  • 6月の名目エネルギー価格は2015年値に対して37.6%増、近年の転換期となる2020年11月より57.5%増。
  • 6月のRUECは2015年値に対して20.2%増、近年の転換期となる2020年11月より64.5%増。
  • RUEC_Table
    単位:2015年暦年平均=100。 注:推計値の最新月は予測値、最新月の前月は速報値、それ以前は確報値。

    RUEC

  • 2021年9月以降のRUECは2015年暦年平均値を上回り、2022年に入りさらに大きく上昇。
  • 二度のオイルショック後の戦後日本経済のピーク(1980年代初め)に接近。
  • RUEC 単位:2015年平均=100。注:観測期間は2015年1月―2022年6月。ECMでの開始時点の2015年値は、(1990年代半ばから上昇したRUECがピークを迎えた)2014年(1995年水準の1.74倍)から少し低下した高水準(1995年水準の1.42倍)にある。

    実質エネルギー価格

    RUEC 単位:2015年平均=100。注:観測期間は2015年1月―2022年6月。

    実質GDPおよびエネルギー生産性

    RUEC 単位:2015年平均=100。注:観測期間は2015年1月―2022年6月。

    名目GDPおよびエネルギーコスト

    RUEC 単位:2015年平均=100。注:観測期間は2015年1月―2022年6月。

    時系列データ

    Time_series
    単位:2015年平均=100。注:括弧内の計数は名目GDP比。

    アーカイブ

    ECM 公表日 レポート データ
    ECM_JPN_202208 8月31日公表予定 n.a. n.a.
    ECM_JPN_202207 2022年 7月29日 [pdf] [excel]
    ECM_JPN_202206 2022年 6月30日 [pdf] [excel]
    ECM_JPN_202205 2022年 5月31日 [pdf] [excel]
    ECM_JPN_202204 2022年 4月30日 [pdf] [excel]
    ECM_JPN_202203 2022年 4月12日 [pdf] [excel]
    Copyright© Nomura Lab at Keio Economic Observatory (KEO), Keio Univeristy, Tokyo. All Rights Reserved.